不動産鑑定評価書は「相手と価格交渉する場合」に効果的

不動産鑑定評価とは、不動産の鑑定評価に対する不動産鑑定評価は、不動産の鑑定評価に関する法律第2条第1項に規定する「不動産の鑑定評価」です。
 
不動産鑑定評価は、上述した法律に準拠し行われますので、鑑定を行う場合の方法や鑑定評価書の記載事項等の鑑定評価基準による信頼性の高い文書となります。

下記の例ように、価格や賃料について交渉や争う相手がいる場合は、対外的な資料として不動産鑑定評価をお勧めいたします。
 
こんな場面に不動産鑑定を使うと効果的です(一例)。

  • 財産分与が必要な場合の鑑定評価(相続や離婚)

  • 同族会社間の資産移し替え(税務署提出用)

  • 裁判や課税上の不服申立てなどの場合の鑑定評価

  • 不動産を賃貸借する場合の賃料(家賃・地代)の鑑定評価

  • 減損会計導入に伴う資産の鑑定評価

  • M&A、会社分割等に伴う資産の鑑定評価

  • 会社更生法、民事再生法、和議に伴う資産の鑑定評価

当方は別紙でA4(1枚)のレジュメを評価書にお付けしております。不動産鑑定評価は鑑定基準という「指針」に沿って行うよう法律で定められており、本文自体の使用文言も専門用語をある程度使わなければなりません。
 
よって初めて鑑定書を読む人でも「なぜこの価格になったのか3分で解る」レポートを鑑定評価書とは別に添付いたします。